NEWS

《ご挨拶》陶磁器ブランド『zen to(ゼント)』

日本有数の陶磁器の産地、長崎県波佐見町。1917年創業の株式会社 中善(以下・中善)は、この地に根ざして窯業を生業とし、江戸時代から続く波佐見焼の技術と精神を継承しながら、器作りに向き合ってきました。微力ではありますが、人々の暮らしや食文化を支えてきたことを誇りとしています。

創業以来、国内ブランドの製造に従事するなど裏方に徹してきた中善は、2017年に創業100周年を迎えたことを機に、肥前地区(波佐見や有田を含むエリア)のやきもの技術とその可能性を次世代に伝えるべく、表舞台に立つことを決意。初となるオリジナルブランドの構想に着手します。こうして産声を上げたのが『zen to』です。

ブランドディレクターには、数々のブランドで指揮を執り、日本を代表する陶磁器デザイナーとして知られる阿部薫太郎氏を招聘。“多様な嗜好に応える、多彩な個性” をコンセプトに掲げ、モノを見る目がシビアであり、消費者ニーズが多様化する現代に向けて、バラエティに富んだ選択肢を陶磁器で提案していきます。

ブランド名の由来は「肥前と中善と共に、前途洋々たるやきものの未来を願って」から。「肥前(ひぜん)と」「中善(なかぜん)と」に含まれる、“前” と “善” のポジティブな二文字と “ぜんと” という言葉の響きに着目し、ブランド名を『zen to』と名付けました。長きにわたり培った技術に各方面のスペシャリストの知恵を掛け合わせ、産地のさらなる発展と新しい伝統の創造を目指していく...そんな想いをブランド名に込めています。

ブランド初年度は “カレー皿” をテーマに、計15名のクリエーターと協働しながら製品開発を行っています(年内に順次リリース予定)。「zen to」の前途にぜひご期待ください。